退職金について学ぶ! TOP 》 退職金とは 退職金とは

退職金とは

退職金はその企業で働いた労働者に対して、退職時に支払われるお金です。一言でいうとこうなりますが、退職金というのは人によって貰える金額に差があります。場合によっては退職金が一銭も貰えないということもあります。

退職金は法律上必ず支払わなければならないとうものではありませんが、支給基準が明確にされている場合は、労働条件の一つとして保護されることになっています。退職金制度は任意退職、定年退職、解雇、死亡等の理由で雇用関係が消滅することによって、事業主またはその委託機関から当該労働者に対して一定の金額を支給する制度です。

しかし毎月の給与とは違い退職しない限りは請求権が発生しない、特殊なものになります。退職金は給与と同じような扱いで支払われるため税金もかかってきますが、比較的低い税率になります。

近年では団塊世代と呼ばれる退職を迎える年齢の労働者がとても多く、問題となっているところもあります。また定年退職の場合、退職金を受け取る方法は様々な場合もあります。

例としては一括で支給される場合がとても多いのですが、年金として毎月・毎年、分割で支払われる場合などがあります。公務員の場合は退職金は退職手当という形で支給されます。会社でも役員の退職金は退職慰労金と呼ばれ、株主総会の決議によって金額が決定されるなどがあります。

中小企業では中退共と呼ばれる中小企業退職金共済制度を利用している会社も多くあり、この場合は毎月中退共に退職金の積み立てをしているのです。


退職金とは

ペット火葬 昭島 立川 あきる野
について