退職金について学ぶ! TOP 》 退職金とは 退職金の税金@

退職金の税金@

一般的には、長年同じ会社に勤務し貰うことの出来るのが退職金です。退職した後の大切な資金になるものですが、退職金にも税金がかかります。退職金は給与と同じく税金が関係してくるのです。

退職金には所得税と住民税がかかりますが、通常の給与とは全く異なる条件で税率も低いので安心してください。通常の給与と異なる課税というのは退職金所得控除と2分の1課税というものです。

以下に詳しい内容を紹介したいと思います。

◆所得税と住民税
退職金には所得税と住民税がかかってきます。これは他の所得と合算されない分離課税と呼ばれるもので源泉徴収されます。しかし退職金は通常よりもかなり優遇された条件で課税されますので、心配はいらないでしょう。

◆所得控除
退職金所得控除として勤続年数20年以下で40万円×(勤続年数)、20年超で800万円+{70万円×(勤続年数ー20年)}が所得控除されます。

◆2分の1課税
退職金から所得控除を行い、残った金額すべてに税金がかかるのではなく、その2分の1だけに税金がかかります。以上のように退職金は課税の対象となってきますが、様々な条件によって比較的優しい基準となっています。退職金の税金の課税される金額の計算は以下のようになります。

「退職金の金額−退職所得控除額」×2分の1

勤続年数に関わらず最低80万円という控除があるので、この金額までだと退職金の税金というのはかかりません。また障害者となったことに起因して退職する場合は100万円の控除などもあります。


退職金とは