退職金について学ぶ! TOP 》 退職金とは 退職金の確定申告

退職金の確定申告

退職金は税金控除によって比較的やさしい課税額になるとお話しましたが、このためにはちゃんと手続きをしなければなりません。その書類が退職所得の受給に関する申告書というものです。

この申請書を会社に提出する必要があるのです。退職所得を受給される際に事前に申告書が会社から渡されます。勤務先から受け取る退職金は分離課税となりますので、退職所得の受給に関する申告書を会社に提出すれば、税金は源泉徴収されることになり課税は修了となります。

もしも退職所得の受給に関する申告書が会社から渡されなかった場合は、きちんと会社に申請する必要があります(通常その必要はあまりないでしょう)。しかし退職所得の受給に関する申告書がない場合や書かなかった場合は、退職金の収入金額から一律に20%の所得税が源泉徴収されてしまいますので注意してください。

会社から渡されなかった場合は確定申告を自分で行うことによって、清算を行ってください。また所得総額や退職後に支払った保険料、生命損害保険料控除などの額によっては確定申告することで、退職金から源泉徴収された所得税が還付される可能性もありますので確定申告をしたほうが良いでしょう。

また年途中で退職した後に就職していない場合は年末調整を受けていないことになるので、通常なら還付されるべき税金が還付されていないことになりますので、確定申告することによって所得税の一部が還付される可能性というのがあります。そのため、確定申告は忘れないように行うようにしてください。

なお勤務しているのが中退共に加入している企業の場合は申請の際に退職金請求書に記入、押印して、金融機関の窓口で口座番号等を確認してもらい郵送します。


退職金とは

ノベルティ
ノベルティ景品など

ヘッダー付き袋印刷OPPテープ付き袋 規格袋
http://www.sideseal.jp/

コンプラビン
コンプラビンなら医療関係者向けの製品情報サイトで!