退職金について学ぶ! TOP 》 公務員の退職金 公務員の退職金

公務員の退職金

近年、地方の過疎化問題が急速に深刻な状況に陥り、町そのものが破綻するようなことも起こっています。郵政民営化により郵便局も民営化されました。過去にはJR(国鉄)もそうでした。

公務員の人数削減、給料の削減の話も現実化し始めているのです。国が多額の借金を続けながら国の運営をまかないつつ、現実には老齢化が加速し、税金を支払う国民も切迫した生活を強いられている時代なのです。

公務員ですらも厳しい状況の現在、退職金は必ず貰えると約束されている企業などありませんといっても過言ではないでしょう。しかし、まだまだ地方公務員の退職金の心配は無いと言われています。

以前のように公務員になれば終身雇用で、高額の退職金がもらえるという考え自体はなくなると思われますが、今まではその待遇の良さから高い倍率と難しい試験をクリアして集めた優秀な人材でもあった公務員ですが、仮に景気が良くなれば、このような事態によって一般企業に流れてしまうことも考えられます。公務員でも業種によっては給料も違ってきますし、国民の税金から給料が支払われているので、現在は公務員であっても将来の安定は危ぶまれているのかもしれません。

昔は公務員は安定した職業とされていましたが、現在は公務員だから安心とはいえない時代になってきているのも事実です。しかし公務員は通常は普通に勤務をしていれば、1年ごとに給料が上がるとされています。

では公務員の退職金は一体どれぐらいの金額になるのでしょうか。


公務員の退職金