退職金について学ぶ! TOP 》 老後の生活 健康環境

健康環境

老後の健康にも多くの不安な部分があるでしょう。経済的な不安だけでなく、健康的な不安というのもあります。60年以上も精神的にも肉体的にも多くの事に酷使してきた体ですので、もちろん抵抗力も弱くなっているものです。

今は大丈夫でも、医者にかかる事も必然的に増えてくる事でしょう。その頃には住宅、環境、健康、福祉のすべてに問題が出くると思っておきましょう。

もしも大きな怪我をした場合や、ガンなどで手術が必要となった場合でも安心して治療できるように備えておきましょう。そのためにも、病院に行く時にどのような医療制度があるのかということを知っておくといいと思います。

以下で医療制度について説明したいと思います。

◆健康保険の任意継続被保険者の会社員が退職した場合
2年間であれば任意継続保険者として以前と同じ健康保険の被保険者になることが出来ます。

◆被扶養者になる
退職をした後は子供の被扶養者になるということも出来ます。

◆国民健康保険
定年退職などで以前の健康保険に加入できなくなった場合、国民健康保険であれば加入することが出来ます。

◆老人保健制度
75歳以上になると老人保険制度の医療給付を受けることになります。医療費の負担は原則1割ですが、現役並み所得者は3割負担となります。

老後は死亡するリスクよりも介護が必要になった時に、どのような保障を受けることができるのかということを知っておくことが大切なので、生きている間の医療保障が重要になるということを覚えておくようにしましょう。


老後の生活

札幌でピアノ調律、http://www.rakuten.co.jp/tajima-ya/
http://www.rakuten.co.jp/tajima-ya/

札幌でピアノ調律、中古ピアノ買取販売なら札幌市の井上ピアノ
http://www.piano-inoue.com/