退職金について学ぶ! TOP 》 老後の生活 国債、債券

老後の雇用

老後の高齢者雇用も考慮に入れても良いでしょう。60歳を過ぎたら働けないわけではありません。外を車で走っている際や買い物をしている時など、結構お年を召した労働者が多いと感じるかと思います。

老後も働いている方が結構みえます。男性では工事現場の旗振りや駐車場の案内係りなど、女性であればホテルやビルの清掃員さんなどに多く見られます。老後の高齢者雇用を実際に体験しない事にはわかりませんが、一般的には雇用される場合は過酷ではありませんが華のある仕事ではないようです。

経営者や教授、クリエーターなど、60歳を超えても世界を飛び回っている人々もいるのも事実です。体が元気であれば3,000万円程度貯蓄を用意し、少し働きながら生計を立てるという事も可能であると思います。

企業には高齢者雇用に対して助成金が出る制度を利用するために、率先して高齢者の雇用を勧めるところもあります。退職した後にゆっくりと趣味などをして生きるか、再就職をするかは自分次第です。

各市町村単位で設置されている「シルバー人材センター」は定年退職後の再就職も斡旋してくれる組織なので、こちらを利用すれば老後の再就職を応援してくれると思います。シルバー人材センターへの登録は、健康で働く意欲のある60歳以上の方ならどなたでも行うことが出来ます。

また退職後に求職している方の強い味方になるのが、雇用保険です。定年退職をした後でも条件さえ満たしていれば受給することが出来ます。退職金をした後でも働き続けるつもりがある場合は、雇用保険を是非活用するようにしましょう。


老後の生活