退職金について学ぶ! TOP 》 退職金の運用 外貨投資

外貨投資

外貨預金は日本円を外貨に変え、預金する商品のことです。外貨での資産運用としては最も有名で、多くの資産を手にする退職金での運用は有効な面もあります。

しかし、為替手数料などがかなり割高な部分もある金融商品です。そのため元本保証などがあったとしても、為替変動によっては元本割れも充分あります。為替変動によって大きく資産が増える可能性もありますが、リスクがあるということを常に頭においておかなくてはなりません。

外貨投資は資産分散の1つの手段といえます。長い期間資産に外貨を組み込んでおけば、将来その円の価値が減ってしまった場合でもある程度カバーすることが可能です。しかし当然リスクもありますので、投資を行う際は慎重になる必要があります。

一言で外貨投資といっても様々なものがあり、外貨を使った投資は他にもあります。

・外貨MMF
外貨MMFは外貨建ての投資信託で、主に外貨で公社債などに投資するので比較的リスクが少ない金融商品です。外貨預金を違い元本保証ではありませんが、一面では外貨預金よりも安全性が高く、利回りも高い商品といえ手数料のコストや安全性、流動性などを考慮すれば外貨預金よりもメリットが高い場合も多いでしょう。

・FX 外国為替証拠金取引
近年外貨投資で人気の高い投資がFX・外国為替証拠金取引です。高い収益が望めますが、同時にとてもハイリスクな投資でもあります。退職金の運用法としてはあまりお勧めできませんが、定年退職後の年金受給者の中にもFXで大きな利益を上げている人も少なくないようです。


退職金の運用