退職金について学ぶ! TOP 》 退職金の運用 投資信託

投資信託

投資信託とはプロの投資家に任せて運用してもらうもので、その投資信託を買っている皆さんから集まった資金を投資のプロが運用します。皆さんから集まった資金で投資するので一人一人のリスクは小さくなりますが、ないわけではありません。

運用の成果に応じて、投資家には分配金や値上がり益といった形で利益が還元されることになっています。投資信託は以下の3つの会社が関係してきます。

◆販売会社
◆運用会社
◆信託会社

3つの会社が関係しているのでバランスが働き、運用会社が倒産したような場合でも投資家のお金は保護されるようになっています。では投資信託とはどのような種類があるか見ていきましょう。

・公社債投資信託
国債や地方債、社債などの公社債を中心に運用する投信です。株式投資などリスクの高い投資はしないので、安全性は高いのですが、リターンも正直あまり期待できません。

・外国債券型投資信託
名前の通り主に外国債券を中心に運用するファンドです。国内の債券を投資対象とする株式投資信託よりも安全性は高くなります。

・国内株式型投資信託
日本国内の株式を中心に組み入れた投信です。CDやCPなどの短期金融商品も運用対象になります。公社債投信よりもハイリスクハイリターンになります。

・国際株式型投資信託
主に外国株式を中心に運用するファンドです。日本国内を投資対象とする株式投資信託よりもリスクも高くなりますが、その分大きなリターンも期待できます。また、投資先には比較的安定している先進国や、リスクは高いですが大きな分配金の期待ができる新興国や東欧・ロシアなどに投資します。

・バランス型投資信託
公社債と株式を組み合わせて運用する投x資信託のことです。株式の組み入れ限度は70%未満に設定されています。

・転換社債型投資信託
主に転換社債に投資する投資信託です。株式への投資も組み合わせることが多いですが、その場合でも株式の割合は30%未満になります。

・インデックス型投資信託
日経平均株価やTOPIXなどの指数に連動した運用成果を目指す投資信託のことです。型投資信託と呼びます。

・派生商品型投資信託
派生商品的に活用して運用される投資信託です。大きなリターンを目指した運用がなされますが、それだけリスクも高くなる投資信託です。


退職金の運用

http://www.dgachn.org/
レンタカー 鹿児島空港ならこちら

ナースサンダル
ナースサンダルならユニフォーム専門店 e-UNIFORMがオススメ!

ディレグラ
ディレグラなら医療関係者向けの製品情報サイトで!