退職金について学ぶ! TOP 》 退職金の運用 郵便貯金

郵便貯金

郵便貯金は日本郵政公社の貯金サービスです。日本郵政公社は日本唯一の貯蓄金融機関で、世界最大の貯蓄銀行でもあることから、郵便貯金で今も昔も退職金などを貯蓄している人が多いです。

現在でも日本郵政公社で運営されていた郵便貯金はほぼそのままの金融商品として、ゆうちょ銀行に継承されています。ゆうちょには通常の預金の他にも、定期、定額貯金があります。

◆定期貯金
定期貯金は予め預入期間を指定して預け入れる貯金になります。定期貯金は最低1,000円から1,000円単位で預けることが出来ます。預け入れ期間は1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、1年、2年、3年、4年、5年の8種類あり、換金性は高くありませんが利息は高くなります。また自動積み立て定期貯金で、通常貯金から定期的に定期貯金を積み立てることも可能です。定期貯金は中・短期の資金需要のある方に特に最適と言えるでしょう。

◆定額貯金
定額貯金は長期で貯金しておきたい人向けの貯金です。6ヶ月を経過していれば貯金を引き出すことも可能ですから、定期貯金よりも換金性は高く使い勝手のいい貯金です。定額貯金においても自動積み立て定額貯金で、通常貯金から定期的に定額貯金を積み立てることも可能です。定額貯金は払戻しにおいて分割払戻しは出来ないので、口数単位での払戻しとなっています。また預入日から10年経過した後に預入金額及びその利子を通常貯金に振り替えて預入する「満期振替預入の取扱い」というのも利用することが出来ます。


退職金の運用